近世宗教社会論 - 澤博勝

近世宗教社会論

Add: ywadu37 - Date: 2020-12-08 19:32:04 - Views: 942 - Clicks: 9663

1: 近世の宗教と社会: 澤 博勝;高埜 利彦【編】 吉川弘文館:. 書評 澤博勝『近世宗教社会論』 歴史学研究年07月 年度日本史研究会大会報告批判 近世史部会共同研究報告批判 近世における寺院関係偽法令の流布をめぐって 東京大学日本史学研究室紀要(「近世政治史論叢」) (別冊年3月 書評 澤博勝『近世宗教社会論』. 澤博勝『近世の宗教組織と地域社会―教団信仰と民間信仰』(吉川弘文館、1999 年) 佐藤孝之『駆込寺と村社会』(吉川弘文館、 年) 曽根原理『神君家康の誕生―東照宮と権現様』(吉川弘文館、 年).

Webcat Plus: 近世宗教社会論, 近年、近世宗教史研究が進み、通説は見直しを迫られている。北陸地域の宗教的社会関係を追究し、近世仏教の存立意義を解明。. Amazonで澤 博勝の近世宗教社会論。アマゾンならポイント還元本が多数。澤 博勝作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また近世宗教社会論もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 7 図書 近世宗教社会論. 書評 大橋幸泰著『近世潜伏宗教論 : キリシタンと隠し念仏』(歴史科学叢書) 引野 亨輔 史学雑誌年12月. / 吉川弘文館 / 澤博勝 内容紹介:近年、近世宗教史研究が進み、通説は見直しを迫られている。地域社会論の視座に不可欠な政治権力の問題も絡めながら、北陸地域の宗教的社会関係を追究。地域の社会秩序形成に宗教がどう関わったのかを探り、近世における宗教の存立意義を. 書評と紹介 澤博勝著『近世宗教社会論』. 11: 戦乱の日本史 : 合戦と人物: 熱田 公【編】 第一法規: 1988. 論 説 〈山口史学の現在〉 寛政改革研究の課題 上白石 実 歴史のひろば 『興風』と『日蓮仏教研究』 ―新たな日蓮・日蓮宗研究の潮流― 佐藤 博信 書 評: 澤博勝著『近世宗教社会論』 林 淳 書 評.

近世の宗教組織と地域社会 - 教団信仰と民間信仰 - 澤博勝 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 近世宗教社会論/澤博勝 の商品説明 【内容紹介】 近年、近世宗教史研究が進み、通説は見直しを迫られている。 北陸地域の宗教的社会関係を追究し、近世仏教の存立意義を解明。. 書評 大橋幸泰著『近世潜伏宗教論 : キリシタンと隠し念仏』(歴史科学叢書). 3 形態: xiv, 270p ; 22cm 著者名:. 近世の宗教と社会 ; 3 書誌id: baisbn:. 4 図書 立山地獄説話への一試論.

民衆の「知」と宗教 澤博勝, 高埜利彦編 (近世の宗教と社会, 3) 吉川弘文館,. 近世宗教社会論/澤 博勝(宗教史) - 近年、近世宗教史研究が進み、通説は見直しを迫られている。北陸地域の宗教的社会関係を追究し、近世仏教の存立意義を解明。. 由谷, 裕哉(1955-) 富山県「立山博物館」 10 図書 近世宗教社会論. 女性と宗教 : 西大寺叡尊と女性の事例を中心に: 細川涼一 執筆 中世の葬送と墓制: 高田陽介 執筆 近世の葬祭と寺院 : 社会集団論の視点から: 澤博勝 執筆 中世の宗教的アジール: 神田千里 執筆 普化宗廃止と近世アジールの一特質: 保坂裕興 執筆 都市.

60-67 引野 亨輔. キンセイ シュウキョウ シャカイロン. 【tsutaya オンラインショッピング】近世宗教社会論/澤博勝 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画.

近世宗教社会論: 澤博勝 著: 吉川弘文館:. 吉川弘文館,. 11/20発売開始 【貴重史料・名著復刊】 オンデマンド版 新規復刊書目89点!お知らせ詳細をご覧いただけます。.

澤博勝著, 『近世宗教社会論』, 吉川弘文館, 二〇〇八年一月一日刊, a5判, 六+三五三+一三頁, 九五〇〇円+税. そのコンテキストで、よりを語る上での主なパラダイムであった「近世仏教堕落論」研究会参加者の成果も発表され、それまで近世日本の仏教は澤博勝、引野亨輔、朴澤直秀など、 「近世の宗教と社会」 界の再考を促した西村玲の業績も、注目に値する。. 澤博勝著, 『近世宗教社会論』, 吉川弘文館, 二〇〇八年一月一日刊, a5判, 六+三五三+一三頁, 九五〇〇円+税 由谷 裕哉 原稿種別: 本文. 1」(澤博勝・高埜利彦編『近世の宗教と社会3 民衆の〈知〉と 期の日本一隔岩波書店、二〇〇七年、第二章、初出一九八六年)一 ⑥拙稿「神舐不拝の論理と行動-近世真宗の宗風をめぐる紛争 ①安丸良央a「民俗の変容と葛藤」(同『文明化の経験i近代. 語られた教祖 : 近世・近現代の信仰史 フォーマット: 図書 責任表示: 幡鎌一弘編 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 法藏館,. 近年、近世宗教史研究が進み、通説は見直しを迫られている。 北陸地域の宗教的社会関係を追究し、近世仏教の存立意義を解明。 近世宗教史を分野史から全体史へ前進させる方法論を構築し、今後の研究潮流に一石を投じる。. 書評 鈴木理恵著『近世近代移行期の地域文化人』. また、澤博勝氏も、宗教が地域社会のなかでどのような役割をもっていたのか(澤氏の言葉によれば「宗教的社会関係」)についての解明をめざし、教説の書物を通した社会への浸透や、神職・僧侶らの地域における立ち位置の相違などを明らかにした(澤.

⑥論の影響を受けた澤博勝・引野亨輔によって批判されており、浄土真宗以外の諸宗教と地域社会との関わり合いを論究す⑤ 69 (867) ①辻善之助『日本仏教史駈近世編一〜四(岩波書店、一九五三〜一九 ようとする視角を念頭におき、本寺による宗教統制. 引野 亨輔. 澤, 博勝 高埜, 利彦(1947-) 近世宗教社会論 - 澤博勝 シリーズ名: 近世の宗教と社会 ; 3 書誌id: baisbn:. 9: 近世の宗教組織と地域社会 : 教団信仰と民間信仰: 澤博勝 著: 吉川弘文館: 1999.

澤博勝-近世史研究一般と近世宗教史研究の結節を強く志向した研究の方向性 〇本稿の目的及び今後の進め方 近世という時代における寺院のあり方、さまざまな姿、諸相について検討を加える 近世寺院史研究 社会史的な視点 文化史的な視点 (3)覚城院研究. 澤博勝, 高埜利彦編. 近世の宗教組織と地域社会: 澤博勝 -教団信仰と民間信仰-・カバ・吉川弘文館: 平11: 1冊 &92;5,200: 日本民間信仰論(増訂) 桜井徳太郎: 函・弘文堂: 昭45: 1冊 &92;3,500: 民間信仰: 桜井徳太郎: 函・塙選書: 昭46: 1冊 &92;1,500: 民間信仰と現代社会: 桜井徳太郎 -人間と. における立ち位置の相違などを明らかにした(澤博勝『近世の宗教組織と地域社会』(吉川 弘文館、一九九九年)、同『近世宗教社会論』(吉川弘文館、二〇〇七年))。こうした研究.

/121-f8929e29d7a /f5b34009a0e9 /124 /92/a56fef14941

近世宗教社会論 - 澤博勝

email: enyla@gmail.com - phone:(725) 774-6474 x 8814

「うつ」と上手につきあう本 - 杉山奈津子 - 三浦綾子 孤独のとなり

-> 山崎正一全集 第1巻 - 山崎正一
-> アクロバットとダンス - 石井達朗

近世宗教社会論 - 澤博勝 - 日本語能力試験 安藤栄里子 耳から覚える


Sitemap 1

検察官キソガワ - 鈴木あつむ - 国語ゼミ