東大闘争から地域医療へ - 三浦聡雄

東大闘争から地域医療へ 三浦聡雄

Add: vitep76 - Date: 2020-12-03 23:28:52 - Views: 1588 - Clicks: 4041

大学ゲリラの唄 : 落書 東大闘争 資料種別: 図書 責任表示: 岡本雅美, 村尾行一採録 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 三省堂, 1969. 東大闘争から地域医療へ : 三浦聡雄: 勁草書房: 1995/07 &92;2,310: 福祉は経済を活かす : 滝上宗次郎: 勁草書房: 1995/06 &92;2,640: 占領期の医療改革 : 杉山章子: 勁草書房: 1995/05 &92;3,520: 看護の時代 2: 川島みどり(看護学). 12: 病院がひらく都市の在宅ケア : 柳原病院・20年の地域医療の挑戦. 三浦 聡雄,増子 忠道『東大闘争から地域医療へ―志の持続を求めて』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

三浦聡雄 (元・東大民主化行動委員会議長・医学部) 闘争も最終盤になると,暴力がだんだんとおさまり,ぼくら民青・ノンセクト連合が学校側と交渉をまとめ,ストライキも終わって授業再開となった。. 東大闘争の発火点であった医学部で活動家として過ごした日々―その志を地域医療の中でどう展開してきたか。住民と共に作り上げた病院や老人保健施設。これからめざす方向は。 【目次】 東大闘争と私 三浦聡雄. jp: 東大闘争から地域医療へ―志の持続を求めて (医療・福祉シリーズ): 聡雄, 三浦, 忠道, 増子: 本. 1 図書 東大闘争から地域医療へ : 志の持続を求めて. 東大紛争(とうだいふんそう)は、1968年から1969年にかけて続いた東京大学における大学紛争で、東大闘争とも呼ばれる。 主に学部生・大学院生と当局の間で、医学部処分問題や大学運営の民主化などの課題を巡り争われた。. 東大紛争 : ドキュメント フォーマット: 図書 責任表示: 内藤国夫著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 文芸春秋, 1969 形態: 232,6p ; 19cm 著者名: 内藤, 国夫(1937-) 書誌ID: BN01930433.

トウダイ トウソウ カラ チイキ イリョウ エ : ココロザシ ノ ジゾク オ モトメテ. クラインマン ほか 著 ; 坂川雅子訳 ; 池澤夏樹解説. 三浦聡雄, 増子忠道著. 古本屋通信 No 76 12月7日 三浦聡雄氏 インタビュー 私のまえがき 私は通信 No74 の文中で 「同世代の運動参加者が何も語らなかったわけではない」と書いた。その一人、三浦聡雄氏のインタビューを掲載する。これは 08駒場祭企画 『今語られる 東大,学生,全共闘』 の中で三浦氏が学生の. 東大闘争から地域医療へ - 志の持続を求めて - 三浦聡雄 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 東大闘争の発火点であった医学部で活動家として過ごした日々―その志を地域医療のなかでどう展開してきたのか。 寝たきり老人問題への先駆的な取り組み、住民とともにつくりあげた病院や老人保健施設、そして、これからは何をめざしてゆくのか―。.

東大闘争から地域医療へ―志の持続を求めて (医療・福祉シリーズ) 1995/07/01 三浦 聡雄, 増子 忠道. 三浦, 聡雄, 1944- 国立国会図書館のサービス Online Services at the NDL 以下のリンクボタンから国立国会図書館サーチで検索ができます。. 7 形態: ix, 201p ; 20cm 著者名:. 東大闘争から地域医療へ : 志の持続を求めて. 高校紛争: 闘争の歴史と証言.

事件 index / 無限回廊 top page 東大闘争と日大闘争. 5||ケイソウショボウ 形態: 265p ; 20cm 著者名: 増子, 忠道シリーズ名: 勁草-医療・福祉シリーズ ; 23 書誌ID. 健利会と私ともの佐久病院とはとても関係が深い.あちらは都市の地域医療,こちらは農村医療ということで,以前から交流させていただいているのだが,こちらが学ぶことがたいへん多い.特に在宅ケアなどは大いに勉強させていただいている.その健和会の現在の立役者が,三浦聡雄,鈴木. 7||ケイソウショボウ 形態: 201p ; 20cm 著者名:.

東大闘争から地域医療へ : 志の持続を求めて: 三浦聡雄, 増子忠道 著: 勁草書房: 1995. 5 形態: 190p ; 18cm 著者名:. 96 ndlc : fd37 ndlsh : 学生運動 ndlsh : 東京大学: 注記: 内容:写真構成 東大全共闘(渡辺眸) われわれにとって東大闘争とは何か 大学闘争の意味(羽仁五郎) 心情共闘派はいかにインチキなものか(野坂昭如) 東大全共闘(山本義隆) 第二の青医連の. 5:to: 他者の苦しみへの責任 : ソーシャル・サファリングを知る: a. 三浦聡雄, 増子忠道著 (勁草-医療・福祉シリーズ, 63) 勁草書房, 1995.

124 野村拓『医療政策論攷Ⅰ』医療図書出版社、1976年。 125 三浦聡雄・増子忠道『東大闘争から地域医療へ――志の持続を求めて』勁草書房、1995年。 126 河合幸尾『社会福祉と自立――河合幸尾論集』かもがわ出版、1998年。. 東大闘争から地域医療へ : 志の持続を求めて Format: Book Responsibility: 三浦聡雄, 増子忠道著 Language: Japanese Published: 東京 : 勁草書房, 1995. 本棚『東大闘争から地域医療へ-志の持続を求めて』三浦聡雄、増子忠道著 / 加藤哲郎/20~21 図説 東京の福祉実態(101)重度障害者向け「福祉タクシー制度」の現状 / 東京の福祉研究会/22~23. 7 勁草-医療・福祉シリーズ 63. 7 Description: ix, 201p ; 20cm Authors:. 7: 日本の高齢者政策を問う : 保健・医療・福祉からの提言: 相磯富士雄, 太田貞司 編: 大月書店: 1995. 東京大学全学大学院生協議会東大闘争. 東大闘争から地域医療へ : 志の持続を求めて (勁草--医療・福祉シリーズ ; 63).

三浦, 聡雄(1944-), 増子, 忠道. 勁草書房 1995. 東大闘争から地域医療へ : 志の持続を求めて フォーマット: 図書 責任表示: 三浦聡雄, 増子忠道著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 勁草書房, 1995. 東大紛争と安田講堂の攻防戦(野呂俊夫氏(昭38卒)) 瑞宝小綬章受章報告 地域医療への「奉職」(寺岡暉氏(昭41卒)) お詫びと訂正 鉄門会員から医学図書館への寄贈図書(年7・8月).

勁草書房:: 1995: 医図所蔵: w:84. 地域医療の現場から : 寝たきり老人・医療思想・医療費 フォーマット: 図書 責任表示: 増子忠道著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 勁草書房, 1985. 1964年(昭和39年)の慶応大学費闘争、1965年(昭和40年)の早大学費・学館闘争、1966年(昭和41年)の中央大学費闘争を前駆とした大学闘争の波は急速にひとつの統一的な高まりを見せ始め、1968・9年(昭和43・44年)には「大学解体」を. 『東大闘争から地域医療へ ――志の持続を求めて』 (勁草書房、1995年) この本は、1968ー70年の東大医学部民主化闘争を中心的に担い、その体験から地域医療にとびこんだ二人の医師の四半世紀の軌跡をまとめたものである。. 東大闘争の発火点であった医学部で活動家として過ごした日々-その志を地域医療のなかでどう展開してきたのか。 寝たきり老人問題への先駆的な取り組み、住民とともにつくりあげた病院や老人保健施設、そして、これからは何をめざしてゆくのか-。. 東大闘争から地域医療へ : 志の持続を求めて フォーマット: 図書 責任表示: 三浦聡雄,増子忠道著 東大闘争から地域医療へ - 三浦聡雄 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 勁草書房, 1995. 今日も暑い日だった。喫茶店/図書館と涼しい所に場所を変えながら以前に近くに住む知り合いのFさんに貸してもらっていた本を今日読んだ。それは三浦聡雄さんと増子忠道さんの共著『東大闘争から地域医療へ 志の持続を求めて』Fさん本人が登場し健和会専務理事だった事を初めて知った. 10 図書 東大闘争から地域医療へ : 志の持続を求めて.

主題: 学生運動; 東京大学: 分類・件名: ndc6 : 377.

/bc85fc64-32 /51 /93006658 /118

東大闘争から地域医療へ - 三浦聡雄

email: uficujej@gmail.com - phone:(239) 534-5391 x 2498

新・ワゴンR専科 - 島田潤一 光LAN

-> 組織現象の理論と測定 - 野中郁次郎
-> 前世療法 前世を知ると見えてくるあなたの幸運

東大闘争から地域医療へ - 三浦聡雄 - シュトルム文学論集 日本シュトルム協会


Sitemap 1

全点巡回路 - クリスカ - 性愛極限